RSS

マレーシアへの外国人観光客、世界10位

2013年8月6日(火) 15時09分(タイ時間)
【東南アジア】国連世界観光機関(UNWTO)の統計によると、世界各国の外国観光客ランキングで、マレーシアは昨年、2503万3000人で10位に入った。観光客数は前年比で1・3%増加した。

 マレーシアの観光客数は、隣国シンガポールからの観光客が大半を占める。

 東南アジアでは以下、タイ(2235万4000人)、インドネシア(804万4000人)、ベトナム(684万8000人)の順だった。シンガポールは今回の観光客統計に含まれていない。

 東南アジア各国の昨年の観光収入は、タイ(300億9200万ドル)、マレーシア(202億5000万ドル)、シンガポール(192億6100万ドル)の順だった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、1―6月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比22・8%増の495万4600人で、上半期で過去最高を記録した。

【タイ】タイ観光スポーツ省によると、1―6月にタイを訪れた外国人は前年同期比20%増の1274・4万人だった。

特集



新着PR情報