RSS

タイの日系企業、景気に減速感

2013年8月7日(水) 02時33分(タイ時間)
【タイ】バンコク日本人商工会議所が2013年5、6月に会員企業1453社を対象に行った「2013年上期タイ国日系企業景気動向調査」(回答企業384社)の結果が発表された。

 前期比で業況が「上向いた」から「悪化した」を引いた景気動向指数(DI)は2012年下期実績がプラス41、2013年上期見通しがプラス17、2013年下期見通しがプラス19だった。

 業種別で見ると、2013年上期見通しは食料品がマイナス75、繊維がマイナス16、2013年下期見通しは食料品がマイナス29、化学がマイナス3、自動車など輸送用機械がマイナス13だった。

 2012年度の総売上実績額は「増加」が73%、「20%超増加」が34%だった。

 2012年度の税前損益は「黒字」が84%だった。

 製造業の2013年度の設備投資予定額は前年度比6・9%減少する見込み。

 今後の有望輸出市場(複数回答)は「インドネシア」が51%で1位だった。次いで「ミャンマー」37%、「ベトナム」33%、「インド」31%ーー。

 経営上の問題点(複数回答)は「他社との競争激化」が62%と最も多かった。以下、「総人件費の上昇」(56%)、「マネジャーの人材不足」(54%)、「販売単価の低下(低価格競争)」(48%)、「従業員のジョブホッピング」(32%)と続いた。

 タイが中長期的に成長を続けるために必要な方策(複数回答)は「インフラ整備(道路)」が62%と最も多かった。次いで「周辺国とのコネクティビティ向上」(38%)、「インフラ整備(鉄道)」(37%)、「教育の充実」(33%)、「外国人労働者の活用」(31%)が上がった。

 タイ人の教育で力を入れるべきもの(複数回答)は「高等教育(理工学)」が36%と最も多かった。次いで「高等教育(語学)」(33%)、「初等中等教育(理数)」(28%)だった。

 タイ人従業員の優れている点について(複数回答)は「仕事に対する姿勢」が40%と最も多かった。次いで「現場感覚」(26%)、「基礎的知識」(25%)が上がった。「語学力」、「忍耐力」はそれぞれ23%、「論理的思考」は6%だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク日本人商工会議所は日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所と協働で、「タイ資金調達ガイド(3)損害保険編」を作成した。2011年のタイ大洪水で多くの企業が関心を寄せているタイの損...

【タイ】バンコク日本人商工会議所の投資基盤整備委員会新規進出支援担当によると、バンコク日本人商工会議所が2011年度に開始した日本からタイへの新規進出に関する相談受け付けで、2011年度は191件...

【タイ】バンコク日本人商工会議所が2012年11、12月に会員企業1419社を対象に行った「2012年下期タイ国日系企業景気動向調査」(回答企業381社)で、タイの最低賃金が2013年1月から全国...

特集



新着PR情報