RSS

紀伊國屋書店、アジアでネット通販 産業革新機構が出資

2013年8月9日(金) 01時12分(タイ時間)
【アジア】紀伊國屋書店はアジアでネット通販事業を本格化する。

 4月にソフトウエア開発のインフォシティ(東京都渋谷区)と合弁で設立した新会社アジアンベイシスに、紀伊國屋書店と産業革新機構が最大20億円の追加出資を行い、紀伊國屋が主体となり、「Kinokuniya」ブランドを生かした事業展開を目指す。

 アジアンベイシスは本社を東京に置き、今後、シンガポール、マレーシア、タイ、台湾、オーストラリア、アラブ首長国連邦などに順次子会社を設立。現在紀伊國屋書店の現地法人が運営する店舗・通販事業のうち、通販事業はアジアンベイシスに譲渡する。

 アジアンベイシスは各地で英語、日本語、中国語、現地語など各国語の書籍、日本発の文化関連商品(文具、キャラクターグッズなど)をネット通販で販売する。電子書籍も視野に入れ、将来的には優れた日本商品をアジアに供給する流通チャンネルとしての役割を担うことを目指す。

 紀伊國屋書店は日本国内64店舗のほか、米国、シンガポール、台湾、インドネシア、マレーシア、タイ、オーストラリアなど8カ国で25店舗を営業。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】紀伊國屋書店は8日、シンガポール西部のジュロン新都心地区に来春開業する大型ショッピングモール 「ジェム」に、シンガポール国内4店目、海外25店目の店舗 「シンガポール紀伊國屋書店ジュ...

特集



新着PR情報