RSS

中国企業の世界スマホ販売シェア、15→20%に上昇

2013年8月10日(土) 18時43分(タイ時間)
【中国】中国企業のスマートフォン販売シェアが足元で世界全体の20%に拡大した。過去1年間で約5ポイント上昇したという。市場調査の米カナリスが報告した。

 宇龍計算機通信科技(Yulong)、聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)はすでに世界5位内に浮上。これに華為技術(Huawei)、中興通訊(ZTE:763/HK)、小米科技(Xiaomi)を加えた世界シェアは2割に達した。ただ、最大手の韓国サムスン電子、2位の米国アップルと比べると、中国各社の販売台数は大きく遅れをとっている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

中国の華為、タイで世界最薄スマホ発売newsclip

【タイ】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)はタイでスマートフォン(多機能携帯電話)「Ascend P6」を発売した。世界で最も薄い厚さ6・18ミリで、画面サイズ4・7インチ、希望小売価格...

エイサー、タイで低価格デュアルSIMスマホ発売newsclip

【タイ】タイの携帯電話キャリア最大手アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)は同社としては初めて、台湾のパソコン大手エイサー(宏碁)のスマートフォン(多機能携帯電話)を販売する。

【中国】新興スマートフォン(スマホ)メーカーの小米科技公司は1日、格安スマートフォン「紅米手機(Red Rice Phone)」を発売すると発表した。

中国パソコン大手レノボ、タイでスマホ市場参入newsclip

【タイ】中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団)は28日、タイでスマートフォン(多機能携帯電話)の販売を開始すると発表した。第1弾として投入するのは6機種で、販売価格は2990―1万6900バ...

特集



新着PR情報