RSS

中国:新疆ウイグルで警察とイスラム教徒が衝突、4人犠牲に

2013年8月13日(火) 02時46分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区の阿克蘇(アクス)地区で先週、警察との衝突で住民4人が射殺される事件が起きた。このほか少なくとも12人の負傷者が出ている(うち3人は重体)。複数の香港ディアが12日、外電情報として伝えた。

 アクスの阿依庫勒鎮で7日夜、違法なイスラム教私塾の取締りが強行されたことが発端。鎮の派出所が警察約20人を出動させたところ、現場にいた教徒200人あまりに包囲された。

 7日夜にまず違法な宗教活動を展開していた宣教師人を身柄拘束。抗議する住民を含めて群衆の数が500人を超えるなか、警察側も増員を要請し約500人で警備にあたった。双方の対峙時間が4時間を超えた8日未明になって、事態の打開を図って住民側に発砲し始めたという。群衆側も抵抗し、警察に向かって投石した。

 現地の警察はいまのところ、衝突が発生した事実を認めていない。8月7日はイスラム教のラマダン(断食月)の最終日。翌8日は家族団らんなどを祝う「ラマダン明け祭」が執り行われる予定だった。イスラム暦1434年の今年は、7月10日から8月7日までラマダンとなっていた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】新疆ウイグル自治区西南部の阿克陶県(アクト県)内に7月31日午前2時ごろ、小型の隕石が落下した。ごみ収集所を直撃し、直径3メートル、深さ2メートルあまりの衝突痕が生じている。

【中国】武装グループによる襲撃事件が相次いで伝えられるなか、新疆ウイグル自治区政府は2日、テロ攻撃に絡んだ情報提供者に5万―10万人民元(約80万―160万円)の報奨金を支給すると発表した。この日から危険な情報...

【中国】新疆ウイグル自治区中部のトルファン地区で26日午前6時ごろ、発生した暴動で少なくとも27人が死亡する事件が起きた。

【中国】新疆ウイグル自治区カシュガル巴楚県で23日午後1時半ごろ(現地時間)、大規模な襲撃事件が発生した。警官と「社区(住民組織)」職員が計15人死亡(ウイグル族10人、漢民族3人、モンゴル族2人)、2人(...

特集



新着PR情報