RSS

カンボジア総選挙、選管が与党勝利確認

2013年8月14日(水) 03時57分(タイ時間)
【カンボジア】プノンペンからの報道によると、カンボジアで先月28日に行われた総選挙(下院選、定数123)について、国家選挙管理委員会は12日、与党人民党が68議席、野党救国党が55議席をそれぞれ獲得し、人民党が勝利したとの暫定開票結果を発表した。

 発表によると、総得票数で人民党は323万5090票を獲得し、救国党の294万170票を上回った。選管は9月8日に最終結果と各党の獲得議席数を発表する予定だ。

 これに対し、救国党は選挙不正に対する真相究明がなされていない段階で、暫定開票結果が公表されたことに遺憾の意を表明した。救国党は国内外の選挙監視団による共同調査委員会に国連が調停役として加わる形で、選挙不正の有無を調査すべきだと主張している。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】プノンペンからの報道によると、28日に投票されたカンボジア下院(定数123、任期5年)総選挙で、野党・救国党は31日、党員や選挙監視団の報告を根拠として、同党が少なくとも過半数を超え...

【カンボジア】カンボジア下院(定数123、任期5年)総選挙の投開票が28日行われ、与党・人民党を率いるフン・セン首相は、独自集計の結果として、68議席を獲得したとして、勝利宣言を行った。

カンボジア首相の父死去 タイ首相が葬儀に参列newsclip

【カンボジア、タイ】タイのインラク首相は16日、兄のタクシン元首相と入れ違いでプノンペンを訪れ、カンボジアのフン・セン首相の父親の葬儀に参列した。



新着PR情報