RSS

外国人の住宅購入条件緩和を検討 ベトナム

2013年8月14日(水) 14時35分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム建設省は、不動産市場の活性化と外資誘致拡大に向け、3カ月以上有効なビザを保有する全ての外国人にマンションや一戸建て住宅の購入を認めることを検討している。ベトナムの声放送(VOV)が伝えた。

 購入上限に関しては、制限を設けない案と2戸までとする案が併記されている。住宅所有権の期間については、50年間(延長可能)とする案と70年間とする案が示されている。

 ベトナム政府はこれまで、ベトナム人と結婚するなど例外的な条件を満たさない限り、外国人の住宅購入を認めてこなかった。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国人は韓国の不動産市場で最大の買い手へと成長した。韓国での土地保有面積は570万1000平米に達し、欧米人の保有量をはるかに超えている。

【中国】今年4月の金相場下落時に金を大量に買い求めて圧倒的な消費パワーを世界にみせつけた「中国大媽」(中国の50代~60代投資家女性)は、今度は韓国の不動産市場に目を付け始めた。



新着PR情報