RSS

韓国・中国系企業の夜逃げ相次ぐ ベトナム

2013年8月14日(水) 14時36分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムに進出した外国企業の経営者少なくとも518人が今年に入り、従業員への賃金を支払わないまま、夜逃げしていたことが分かった。現地紙トイチェーが14日、計画投資省の報告書を引用して伝えた。

 夜逃げした経営者の多くは韓国人と中国人で、業種は建設、貿易、ソフトウエア、養殖業、不動産などだという。取引代金を支払わなかったり、税金を滞納したりする例も多いとされる。

 悪質なケースでは、ベトナムの合弁企業から資金提供を受けた後、資金を本国に不正送金して、姿をくらましたケースもあった。統計にはホーチミン市など外国人投資が多い地域が含まれておらず、実際の被害規模はさらに大きいとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】UBSウェルス・マネジメントのアジア太平洋チーフ・インベストメント・オフィサーである浦永コウ氏はこのほど、中国人民銀行(中央銀行)が堅持する金融引き締め策が、今年下半期に中国企業の倒産ラッシュ...

特集



新着PR情報