RSS

原油漂着のサメット島、海水の水銀濃度が基準の30倍

2013年8月15日(木) 02時52分(タイ時間)
プラーオビーチ(7月29日)の画像
プラーオビーチ(7月29日)
写真提供、タイ天然資源環境省
プラーオビーチ(7月29日)の画像
プラーオビーチ(7月29日)
写真提供、タイ天然資源環境省
プラーオビーチ(7月29日)の画像
プラーオビーチ(7月29日)
写真提供、タイ天然資源環境省
天然資源環境省の記者会見(8月13日)の画像
天然資源環境省の記者会見(8月13日)
写真提供、タイ天然資源環境省
【タイ】タイ天然資源環境省は13日、パイプラインの事故で大量の原油が漂着したタイ湾のサメット島で水質検査を行い、プラーオビーチとタプティムビーチで海水中の水銀の濃度が基準値(1リットル中0・1マイクログラム以下)を上回ったと発表した。

 プラーオビーチでは基準値の29倍、タプティムビーチは2・5倍だった。海水のサンプルは今月3日に採取した。

 原油の流出は7月27日、タイ東部ラヨン市沖約20キロのタイ国営石油会社PTTのパイプラインで発生。約5万リットルが流出し、現場から約30キロ離れたサメット島の海岸に漂着した。被害が最も大きかったのはプラーオビーチで、海岸が原油で真っ黒になった。
《newsclip》

注目ニュース

タイ東部でパイプライン事故、サメット島の海岸に大量の原油newsclip

【タイ】タイ湾で起きた原油流出事故で、タイ東部の観光地、サメット島に大量の原油が漂着した。

タイ湾の流出原油、サメット島東沖にnewsclip

【タイ】タイ地理情報宇宙技術開発機関(GISTDA)が公開した人工衛星の画像によると、タイ湾で流出した原油は1日朝の時点で、タイ東部サメット島の東の海上を漂流している。面積は前日の9平方キロから5...

特集



新着PR情報