RSS

タイ航空、4―6月期最終赤字84億バーツ

2013年8月16日(金) 02時44分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は4―6月期の営業赤字が前年同期の15・4億バーツから29億バーツに、最終赤字が同14・7億バーツから84・4億バーツに拡大した。

 売上高は前年同期比1・8%減の470・9億バーツだった。乗客数は前年同期の486万人から511万人に5・1%増加したが、搭乗率は75・1%から70・5%に低下した。

 タイ航空は欧州の景気低迷、競争の激化、バーツ高などが影響したとしている。ただ、上半期にタイを訪れた外国人旅行者は20%増加しており、政府内にはソラジャク社長の責任を問う声が上がっているもようだ。

 ソラジャク氏は昨年10月、タイ国営メディア会社MCOT取締役会長からタイ航空社長に転任した。
《newsclip》

注目ニュース

初のバンコク―仙台定期便 タイ航空、12月からnewsclip

【タイ】タイ国際航空は12月3日から、バンコク―仙台直行便を運航する。週3往復で、仙台からバンコクまでの飛行時間は約6時間45分。使用機材はエアバスA330―300型機(ビジネスクラス36席、エコノ...

【タイ】タイ国際航空の総2階建て超大型旅客機A380が成田空港に着陸した際に、左右に大きく揺れながらバウンドしてタイヤから激しく白煙を上げる映像がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投...

【タイ】16日朝、タイ国際航空TG314便コルカタ発バンコク行きのエアバスA330―300型機がバンコクのスワンナプーム空港に着陸後、滑走路上でタイヤを交換し、旅客ターミナルへの移動が2時間遅れる騒...

【タイ】13日午後6時20分発予定のタイ国際航空TG475便バンコク・スワンナプーム空港発シドニー行きのボーイング747―400型機で故障がみつかり、使用機材を変更したため、出発が4時間以上遅れた。...

特集



新着PR情報