RSS

タイで「明治ブルガリアヨーグルト」生産販売

2013年8月16日(金) 15時17分(タイ時間)
【タイ】明治は15日、タイの関連会社CPメイジで「明治ブルガリアヨーグルト」を生産し、8月下旬から販売すると発表した。「明治ブルガリアヨーグルト」を海外で生産販売するのは初めて。

 販売するのは無糖タイプと加糖タイプで、タイのカップヨーグルト市場でシェア10%以上の獲得を目指す。調査会社のニールセンによると、2012年7月―2013年6月のタイのカップヨーグルト市場は前年同期比約3割増の約44億バーツだった。

 CPメイジは明治とタイの大手財閥CPグループの合弁会社。チルド牛乳、ヨーグルトなどを生産し、タイのチルド牛乳市場でシェア約5割を占める。約22億バーツを投じ、タイ中部サラブリ県の工場を拡張中で、8月から順次新しい生産ラインを稼働する。
《newsclip》

注目ニュース

CP明治、牛乳の新製品発売newsclip

【タイ】明治乳業のタイの合弁会社CP明治は牛乳の新製品「明治ゴールドラブ」を発売する。販売価格は200ミリリットル入り14バーツ、946ミリリットル入り50バーツ。

特集



新着PR情報