RSS

中国:上海の保険代理会社幹部が巨額横領、「カナダ逃亡」の情報も

2013年8月17日(土) 16時29分(タイ時間)
【中国】上海市内の保険代理会社で幹部1人が絡んだ巨額の横領事件が起きた。

 問題が発覚したのは、上海灘で保険代理最大手の上海泛シン保険代理公司。「固定収益の金融商品」を多く販売していたが、すでに資金繰りがつかなくなっているという。複数の本土メディアが16日付で伝えた。

 容疑者の陳怡・総経理は、すでに行方をくらましたようだ。「5億人民元を持ち出して、カナダに逃亡した」とする情報もある。上海保険監督管理局と公安は共同で調査を進めるとともに、足取り捜査に着手した。消費者の損失につながらないかどうかを注視する立場だ。

 上海泛シン保険代理は、企業幹部による資金横領の事件が生じたことを大筋で認めている。ただ、持ち出し額に関しては、詳しい内容の公表を拒んだ。

 2007年7月に設立された同社は、2010年から生命保険の代理販売業務に進出。売り上げは2011年で1億5000万人民元、2012年で4億8000万人民元に上る。

 ただ、無理な成長を通じた歪も出ていた。業界関係者によると、保険契約を獲得するために、上海泛シン保険代理は新規契約者に対する資金提供、虚偽情報の流布などの違法行為がみられたという。「販売時の適切な説明などを怠っていた」として、今年3月1日には、保険監督管理局によって販売員1人が5万人民元の罰金を科せられた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

バンコクの信組、前理事長が124億バーツ横領かnewsclip

【タイ】バンコクのクロンチャン信用協同組合で、スパチャイ前理事長らが124億バーツを横領した疑いが強まり、タイ当局は10日までに、前理事長とその関係者が所有する土地319カ所、計約10平方キロ(2...

【タイ】テレビ報道によると、6月21日にバンコク都内シーロム通り近くの宝石店で、社長のタイ人女性(47)がナイフで刺され重傷を負った事件で、タイ警察は10日、18歳のタイ人男と、この宝石店店員のタ...

【中国】河北省遵化市の党峪鎮で24日、村の住民約1000人が市内幹線道路を封鎖する事件が起きた。

【中国】幹部による村有地横領・売却に抗議し、村民約1000人が鎮政府の庁舎を包囲する事件が6日に起きた。不動産デベロッパーにわずか2500万人民元で土地を売却し、林輝東・前掲石鎮委員会書記などが私腹を肥やし...

特集



新着PR情報