RSS

レノボの4~6月期は23%増益、海外と携帯がPC事業カバー

2013年8月18日(日) 17時51分(タイ時間)
【中国】パソコン大手の聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)は15日、今年4~6月期の決算を発表し、純利益が前年同期比23.0%増の1億7393万米ドルに拡大したことを明らかにした。

 市場予想を上回る結果。海外市場とモバイル事業のけん引がパソコン(PC)事業の伸び悩みをカバーした。

 売上高は9.7%増の87億8709万米ドル。このうち、昨年から強化したモバイル通信製品の売上比率は13.7%に上昇した。一方、主力のPCは、世界シェアこそヒューレット・パッカード(HP)を超えて世界首位に躍進したものの、売り上げ寄与度は8割を割り込んだ。

 楊元慶主席は、中国国内のパソコン出荷台数が減少したと認めながらも、「海外顧客を取り込んだことで、製品や業務エリアの分布が一段と均衡化した」と、海外事業の拡大によるリスク分散が進んだ点を強調した。

 スマートフォンの出荷台数が130%増となったことも見逃せない。中国での出荷台数は1100万台に達し、国内市場のシェアは2位。価格帯でみると、400米ドル以上の機種は伸び率が10%に満たなかったのに対し、400米ドル以下の機種は75%増。楊主席は、「レノボの製品は、まさに低価格帯機種拡大の流れに合致している」と自信を示した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】シャープ(6753/東証)がPC世界大手の聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)とスマートテレビ分野で事業提携する。映像処理技術などを投入し、すでに60インチ型の大型液晶テレビを開発した。7月の発売を視...

中国パソコン大手レノボ、タイでスマホ市場参入newsclip

【タイ】中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団)は28日、タイでスマートフォン(多機能携帯電話)の販売を開始すると発表した。第1弾として投入するのは6機種で、販売価格は2990―1万6900バ...

特集



新着PR情報