RSS

ADK、ミャンマーに合弁会社

2013年8月18日(日) 17時51分(タイ時間)
【ミャンマー】アサツーディ・ケイ(ADK)はミャンマーに合弁会社を設立し、9月に営業を開始する。ミャンマーに進出した日系企業に広告サービスを提供するほか、メディア、コンテンツの開発にも取り組む。

 新会社は「ADK・KH・ミャンマー」(仮称)。資本金約6300万円で、ADKグループが70%、ミャンマーの企業グループ、カウンテット傘下の広告会社ヒンター・メディア・コーポレーションが30%出資する。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】電通は7日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンに支店を開設したと発表した。日本、東南アジアのグループ各社、地元の広告会社と連携し、日系企業を中心とした顧客に対し、広告サービスを提供する。

特集



新着PR情報