RSS

睡眠薬強盗被害の邦人男性、カオサンの日本人向けゲストハウスで犯人と知り合う

2013年8月20日(火) 15時04分(タイ時間)
【タイ】18日朝、バンコク郊外で日本人男性(29)が意識のない状態で倒れているのがみつかった事件で、タイ警察は睡眠薬強盗と断定し、捜査を開始した。

 警察は男性が意識を回復するのを待ち、事情を聞いた。それによると、男性は17日夜、宿泊先のバンコク都内の旅行者街カオサン通り近くの日本人向けゲストハウスの食堂で、タイ人の女2人と知り合った。2人に遊びに行こうと誘われ、一緒にタクシーに乗り、車内でもらった飲み物を飲んだところ、意識を失った。男性は翌朝、バンコク北郊パトゥムタニ市のバス停で倒れているのがみつかり、市内の病院に搬送された。男性が所持していた現金、クレジットカード、携帯電話、カメラはなくなっていた。男性は19日に退院し、宿泊先のゲストハウスに戻った。

 男性は13日に来タイし、18日に帰国する予定だった。

 警察は女2人とタクシー運転手が睡眠薬強盗を働いたとみて、ゲストハウス周辺で聞き込み捜査などを行っている。

 在タイ日本大使館が2012年に報告を受けた日本人が被害者の睡眠薬強盗は15件。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館は17日、夏休みにタイを訪れる日本人に対し、ホームページで犯罪、事故への注意を呼びかけた。

【タイ】タイ警察は2日、バンコクで睡眠薬強盗を働いた容疑でタイ人の女4人(42、32、22、22)、男1人(20)を逮捕したと発表した。男は主犯格の女(42)の息子。

【タイ】タイ警察は18日、バンコクで記者会見を開き、外国人男性を狙い睡眠薬強盗を働いた容疑でタイ人ニューハーフ、ナタポン容疑者(24、写真)を逮捕し、盗品とみられる財布、指輪、時計など多数を押収し...

【タイ】タイ南部プーケット島のホテルが睡眠薬強盗に襲われた事件で、タイ警察は18日、容疑者の中東系デンマーク人の男(左写真)を指名手配した。

【タイ】タイ警察は9日、強盗などの容疑で指名手配していた米国人の男(53)をバンコクのスクムビット・ソイ13通りの路上で逮捕した。男は容疑を全て否定している。

特集



新着PR情報