RSS

郵船ロジスティクス、レムチャバンに多機能倉庫群

2013年8月21日(水) 14時02分(タイ時間)
郵船ロジスティクスの新倉庫の画像
郵船ロジスティクスの新倉庫
写真、郵船ロジスティクス
【タイ】郵船ロジスティクスがタイ東部チョンブリ県レムチャバンに設けた新倉庫が7月29日に営業を開始した。同社のタイの倉庫面積は計20万平方メートル以上となり、マレーシアと並ぶ東南アジア最大規模の物流拠点となった。

 新倉庫は全4棟の多機能倉庫群で、面積は約4万平方メートル。一般倉庫のほか、化学品、医薬品などを取り扱うGMP倉庫、自動車用鋼材向けの高い耐荷重性を持つ鋼材倉庫、危険品を専門に取り扱う危険品倉庫などがある。

 新倉庫が稼動したレムチャバンはバンコクの南東約100キロで、自動車メーカーや関連部品メーカーが集積するエリア。郵船ロジスティクスはこれまで、レムチャバンの既存倉庫(約5万平方メートル)で主に自動車産業向けにロジスティクスサービスを提供してきたが、物流需要の拡大、多様化を受け、隣接する地域に倉庫を新設した。レムチャバンでは新倉庫に続き、4つ目となる3万平方メートルの倉庫の建設をすでに開始した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本郵船は10日、タイ国営石油会社PTT傘下の石油精製会社タイオイル向けに、大型原油タンカー(載貨重量約30万トン)をアラビア湾とタイの間で運航すると発表した。高度な船舶管理能力や、シンガ...

【タイ】郵船ロジスティクスは日本郵船との海外事業統合の一環として、タイのNYKロジスティクス・タイランドと郵船航空サービス・タイランドを10月1日付で合併統合して子会社化し、社名を郵船ロジスティク...



新着PR情報