RSS

タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官

2013年8月21日(水) 14時05分(タイ時間)
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官の画像
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官
写真提供、アピモンコン・ソナクン下院議員とサンスーン・サマラーパー下院議員
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官の画像
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官
写真提供、アピモンコン・ソナクン下院議員とサンスーン・サマラーパー下院議員
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官の画像
タイ国会 改憲巡り大混乱、議場に警官
写真提供、アピモンコン・ソナクン下院議員とサンスーン・サマラーパー下院議員
【タイ】20日、憲法改正をめぐる下院審議で与野党が激しく対立し、下院議長が呼び入れた警官と野党議員がもみあう騒ぎになった。

 憲法改正に関する第2読会で、現在約半数が任命制の上院議員を全員公選制とする改憲案に対し、野党民主党の一部議員が猛反発し、議事進行が困難と判断した下院議長が、一部の民主党議員を議場から退出させるため、議場に警官を呼び入れた。民主党議員の一部は退出を拒否して警官につかみかかり、このうちの1人が警官の首を絞めるなどした。議場は混乱状態となり、下院議長は審議の一時中止を宣言した。

 タイの現行憲法は2006年の軍事クーデターでタクシン政権(2001―2006年)を追放した反タクシン派が制定したもので、議員の約半数が任命制の上院、独立性の高い最高裁判所、憲法裁判所、選挙委員会などを通じ、反タクシン派が政治介入しやすい仕組みになっている。2011年の総選挙で発足したタクシン派インラク政権は昨年、反タクシン派の司法・政治への影響力排除を狙い、新憲法の起草に向け動いたが、憲法裁が昨年、新憲法の制定には国民投票が必要とする判断を下したため、国会で条項ごとの憲法改正を目指している。野党民主党はこうした動きに反発し、国会での徹底抗戦と憲法裁への提訴で改憲を阻止する構えだ。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクで反政府デモ 約200人が参加newsclip

【タイ】反タクシン元首相派のグループ「V For Thailand」がインターネットの交流サイト、フェイスブックなどを通じ呼びかけた反政府デモが18日、バンコクのショッピングセンター(SC)、セントラルワールド...

バンコクで治安法解除 恩赦法案は第1読会通過newsclip

【タイ】インラク首相は8日、国会や首相府などがあるバンコク都内のドゥシット区、プラナコン区、ポープラープサットパーイ区の3区に発令した国内安全保障法を解除した。反政府デモ隊による国会乱入などの危険...

バンコクの反タクシン派デモ不発 解散・待機で衝突なしnewsclip

【タイ】7日の反タクシン元首相派によるデモは一部が治安当局による道路封鎖地点で解散、別の場所では人数が集まらず、不発に終わったもようだ。

特集



新着PR情報