RSS

中国:60歳以上の高齢者人口、2025年に3億人突破へ

2013年8月21日(水) 19時02分(タイ時間)
【中国】60歳以上の高齢者人口について、2025年には中国全体で3億人の大台を突破する見通しだ。高齢者の人口は2012年末時点で1億9400万人。高齢化は今後急ピッチに進行し、2020年には2億4300万人に膨らむ見込みという。民政部がこのほど報告した。

 福利厚生制度の充実を図る。「社会養老服務体系建設計画(2011~15年)」に沿う形で、高齢者介護施設の総数は2012年末時点で4万5000件近くに増やした。介護療養病床数は合計431万3000床。1000人当たりのベッド数は22.24床に上った。

 18省が80歳以上の低収入高齢者向け生活補助を導入。全国で1600万人に支給されていると指摘した。22省が生活に困窮する高齢者に生活補助を与えていると説明し、全国で170万人がこのメリットを享受していると評価している。

 今年に入り発表された「中国老齢事業発展報告2013年」によると、中国本土の高齢者人口は、年内に大台2億人を突破する見通し。2013年末の総人口は、前年比4.2%(約800万人)増の2億200万人に拡大すると予想される。総人口に占める比率に関しては、プラス0.5ポイントの14.8%に拡大する見込みという。

 慢性病をもつ高齢者の数は今年末、前年の9700万人から1億人を超える水準に膨らむと予測される。60歳以上の高齢者は、2012年末時点で前年比4.8%(891万人)増の1億9390万人。総人口に占める比率は0.59ポイント高い14.3%に上昇した。半面、労働力人口はピーク時(2011年の9億4000万人)から減少に転じ、2012年は9億3900万人に縮小した。2013年には9億3600万人に減る見通しだ。

 人口構成の高齢化が急ピッチに進むなか、老後の生活資金を蓄える前に退職期を迎える「未富先老」の問題がクローズアップされている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【シンガポール】シンガポール政府は17日、2012年度(12年4月~13年3月)予算案を発表した。歳入は530億8000万シンガポールドル(Sドル)、歳出は502億8000万Sドルで基礎的財政収支...

特集



新着PR情報