RSS

洪水被害にぜい弱な都市ランク、広州は世界最悪=世銀リポート

2013年8月22日(木) 23時59分(タイ時間)
【中国】洪水にぜい弱な世界の大都市で、中国の広州市と深セン市がワースト10位内にランクインしていた。

 最悪は広州市で以下、米マイアミ、米ニューヨーク、米ニューオーリンズ、印ムンバイ、名古屋、米ボストン、米タンパ、深セン市、大阪が続く。地球温暖化に伴って海面上昇が一段と進むと分析。沿海部の大都市は、甚大な災害リスクにさらされると懸念した。上位4都市の損失額だけで、世界全体の43%を占めるとみている。世界銀行の専門研究チームがこのほどリポートで報告した。

 人口の増加、固定資産の値上がりなどを踏まえ、今後数十年で洪水被害が膨らむと予測。沿海部に位置する136都市をそれぞれ評価し、洪水時の被害額を試算した。これら各都市の損害想定額は2005年で60億米ドル。これが2050年時点には、520億米ドルに膨らむと予想した。最悪の場合、136都市の年間被害額は1兆米ドルを超える――と警鐘を鳴らした。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】ゴミ焼却場の建設に反対し、広州市の市民約1万人が参加する抗議デモが15日に起きている。

【中国】広州市越秀区のショッピングモール「麗柏広場」に会員制のVIP専用トイレがお目見えした。1日の消費額が2万5000人民元(約41万円)、または過去半年間の消費額が5万人民元(約82万円)を超えた乗客のみ使...

特集



新着PR情報