RSS

中国:広東省スワトーの養殖場でワニ脱走、洪水で外壁崩れる

2013年8月24日(土) 18時02分(タイ時間)
【中国】広東省汕頭市(スワトー市)の林業局はこのほど、市内の大型養殖場で今月18日にワニが集団で逃げ出したと発表した。

 台風による豪雨で洪水が発生し、外壁の一部が流されたため。すでに外壁の修復作業は完了した。ただ、具体的な逃走数など詳細は明らかにしていない。政府系メディアが21日付で伝えた。

 問題のスワトー市協勝養殖公司は、広東省で最大規模のワニ園を運営。「養殖・繁殖許可証」「経営利用許可証」を擁し、施設内で合計1万匹以上を合法的に飼っていた。人を負傷させたなどの情報は入っていない。一部は捕獲されて、消費者に食べられた可能性もある。

 千匹以上が脱走した――とする噂が広がっていることについて、経営者の周さんは反論。「極めて少数が逃げ出しただけで、千匹というのはあり得ない」と強調した。そのうえで、21日午後5時時までに合計25匹を回収し、ワニ園に戻したと説明している。

 ワニは広東料理で人気の食材。「食感が良く、栄養価も高い」とされる。省内では毎年、少なくとも10万匹が消費者の胃に入るという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイ東北部のカオヤイ国立公園でワニの目撃情報が寄せられ、公園当局が調査に乗り出した。

【タイ】タイ国立コンケン大学とタイ企業のシラチャー・モダ社が共同開発した養殖シャムワニの血を原料とするサプリメント錠剤が発売された。名称は「モダプラス」で、滋養強壮に効果があるとしている。50錠入...

特集



新着PR情報