RSS

タイのサイアム・セメント、ミャンマーにセメント工場 124億バーツ投資

2013年8月27日(火) 03時05分(タイ時間)
サイアム・セメントのカーン社長の画像
サイアム・セメントのカーン社長
【ミャンマー、タイ】タイ王室財産管理局が30%出資するタイ素材大手サイアム・セメント(SCC)はミャンマーのモーラミャインにセメント工場を建設する。同社がミャンマーにセメント工場を設けるのは初めて。

 工場は年産能力180万トンで、2016年半ばに稼働する予定。出力40メガワットの発電所、港湾施設なども建設する。投資額は124億バーツ。モーラミャインはマレー半島の西側の付け根に位置し、タイ国境から約150キロ。セメントの原料である石灰岩を産出する。

 2012年のミャンマーのセメント需要は約400万トンで、今後5年間、年10%以上増加すると予想されている。サイアム・セメントは2012年にセメント約170万トンをミャンマーに輸出した。
《newsclip》


新着PR情報