RSS

クボタ、カンボジアとラオスに現法 ディーラー網拡充へ

2013年8月27日(火) 14時01分(タイ時間)
【カンボジア、ラオス】クボタのタイの合弁会社サイアムクボタコーポレーションは2014年1月をめどにカンボジアとラオスに100%出資子会社を設立し、両国でディーラー網の拡充、情報収集、販売支援を進める。

 2015年にカンボジアで約150億円、ラオスで約60億円の売り上げを目指す。

 カンボジアの新会社は「クボタ・カンボジア」(資本金50億リエル=約1億2000万円)、ラオスの新会社は「クボタ・ラオス」(資本金70億キープ=約9000万円)で、両社とも2015年末で従業員約30人を見込む。

 カンボジアとラオスはともにコメ、キャッサバ、サトウキビなどを生産する農業国。クボタはサイアムクボタを通じ、両国のディーラーにトラクター、コンバイン、横形ディーゼルエンジン、耕うん機を販売している。近年、タイの賃金上昇にともない、両国ではタイへの出稼ぎが増えて、農村部で労働力不足が起こり、農業の機械化需要が急速に拡大している。

 サイアムクボタは資本金約27.4億バーツで、クボタが60%、タイ王室系素材大手サイアム・セメントが40%出資。タイでトラクター、コンバイン、インプルメント、横形ディーゼルエンジン、耕うん機を製造・販売している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】クボタは5日、部品の調達と供給を行う100%出資子会社「Kubota Procurement & Trading (Thailand)」(資本金1・2億バーツ)をタイ東部チョンブリ県アマタナコン工業団地に設立したと発表した。...

特集



新着PR情報