RSS

中国:広東省で有望金鉱発見、埋蔵量21トン

2013年8月27日(火) 23時23分(タイ時間)
【中国】広東省の中西部エリアで大型金鉱脈が新たに発見された。推定埋蔵量は21トンに上る。広東省地質局が発見した金鉱では、河台、長坑に次ぐ3番目の規模。潜在的な価値は数十億人民元に達するという。政府系メディアが26日に伝えた。

 清遠~高要~雲浮の鉱区を8年がかりで探査。7本の有望な鉱脈をみつけた。長さは700メートル、深さは500メートルに及ぶ。鉱石の品位は高く、採掘も容易という。副産物として銀26トンも埋蔵されている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】新疆ウイグル自治区の東南部に位置するバインゴリン・モンゴル自治州和静県で、18日までに大型金鉱が発見された。過去6年にわたる地質調査の結果、埋蔵量が50トンに上ることが判明したという。

特集



新着PR情報