RSS

ANA、ミャンマーの航空会社に49%出資

2013年8月27日(火) 23時29分(タイ時間)
【ミャンマー】ANAホールディングスは27日、ミャンマーの民間航空会社エイジャン・ウイングス・エアウェイズ(AWA)の株式49%を約25億円で取得すると発表した。成長が見込めるミャンマーの航空業界にいち早く参入し、アジア市場の航空需要の取り込みを図る。

 AWAは2011年設立。保有機材はATR72型機2機、エアバスA321型機1機で、ミャンマー国内の13都市に乗り入れている。昨年度の売上高は1779万ドル。従業員約350人。今年10月に国際線に就航する予定で、2018年までにエアバスA320型機10機体制を目指している。ANAはAWAに対し、運航、整備に関する安全性、定時性の強化やサービス品質向上に向けた業務支援を行い、同社の事業拡大を進める。

 ANAは昨年10月から成田―ヤンゴン直行便を運航。今年9月30日からは、現在の週3往復を毎日1往復に増便し、機材も大型化する。AWAとの資本業務提携で、ミャンマー国内の主要都市への以遠便の接続性も向上させる。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】全日本空輸(ANA)は24日、9月30日から、成田―ヤンゴン直行便を毎日1往復に増便し、使用機材をボーイングB767―300ER型機(ビジネスクラス35席、エコノミークラス167席)に...

【マレーシア】ANAホールディングスは25日、マレーシアの格安航空会社エアアジアと合弁の格安航空会社エアアジア・ジャパン(千葉県成田市)について、エアアジアとの共同事業を解消すると発表した。

特集



新着PR情報