RSS

住商、マレーシアとベトナムでネット通販

2013年8月28日(水) 14時15分(タイ時間)
【マレーシア、ベトナム】住友商事は27日、マレーシアとベトナムでインターネット通販事業を開始すると発表した。

 マレーシアでは現地子会社「住商eコマースマレーシア」(資本金1560万リンギ=約5億円)を設立し、12月からクアラルンプールなどで日用品、食料品などのネット通販を行う予定。

 ベトナムでは書籍、文具などのネット通販事業を手がける現地企業ティキの株式30%を取得し、非常勤の取締役1人を派遣する。取扱商品を拡充し、需要増加に対応する。

 住友商事はすでに、中国とインドネシアでネット通販事業を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】住友商事は22日、韓国のデリム・インダストリアル(大林産業)とのコンソーシアムが、マレーシアの超々臨界圧石炭火力発電所の設計、調達、建設をマレーシア政府系電力会社テナガ・ナショナルか...

【ミャンマー】住友商事と日本電気(NEC)は21日、NTTコミュニケーションズとコンソーシアムを組み、ミャンマーの通信インフラ構築を受注したと発表した。日本政府のミャンマーに対する無償資金援助約1...

【マレーシア】東京都下水道局は17日、同局の監理団体である東京都下水道サービスが住友商事、マレーシア企業と共同出資で、マレーシアに下水道整備事業の合弁会社を設立すると発表した。新会社は資本金600...

特集



新着PR情報