RSS

タイ航空の超大型機、乱気流で乗客20人けが

2013年9月3日(火) 03時16分(タイ時間)
【タイ】8月30日、バンコク発香港行きのタイ国際航空TG600便エアバスA380―800型機が香港国際空港に向け下降中、乱気流に巻き込まれて大きく揺れ、乗客20人と客室乗務員がけがをした。

 けがをした人のうち、タイ人女性1人、パキスタン人男性1人、中国人女性2人、中国人男性1人の計5人は香港で入院し、31日に退院した。事故があった機には乗客500人、乗員24人が搭乗していた。
《newsclip》

注目ニュース

タイでまた航空機事故、トラン空港でオーバーランnewsclip

【タイ】6日午後5時25分ごろ、タイ南部トラン空港で、タイ国際航空系の格安航空ノックエアのトラン発バンコク(ドンムアン空港)行きDD7411便(ボーイング737―800型機)が離陸に失敗し、滑走路を...

【タイ】7月31日午後、タイの民間航空会社オリエント・タイ・エアラインズのボーイング737―300型機がエンジンの故障でタイ南部スラタニ空港に緊急着陸した。着地した際にタイヤ2本が破裂したが、乗客1...

【タイ】タイ国際航空の総2階建て超大型旅客機A380が成田空港に着陸した際に、左右に大きく揺れながらバウンドしてタイヤから激しく白煙を上げる映像がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投...

【タイ】16日朝、タイ国際航空TG314便コルカタ発バンコク行きのエアバスA330―300型機がバンコクのスワンナプーム空港に着陸後、滑走路上でタイヤを交換し、旅客ターミナルへの移動が2時間遅れる騒...



新着PR情報