RSS

アジア開発銀、タイの成長率見通し4―4・3%に下方修正 

2013年9月3日(火) 03時16分(タイ時間)
【タイ】アジア開発銀行はタイの今年の国内総生産(GDP)見通しをこれまでの4・9%増から4―4・3%増に引き下げる方向で検討を進めている。輸出が伸び悩む一方、家計の債務増加で消費が減速しているため。

 タイの今年のGDP見通しは国際通貨基金(IMF)が4・75%増、タイ財務省が4・5%増、タイ中央銀行が4・2%増。

 上半期のGDPは1―3月期が前年同期比5・4%増、4―6月期が同2・8%増で、前期比ではそれぞれ1・7%減、0・3%減と2四半期連続でマイナスとなった。
《newsclip》


新着PR情報