RSS

領海侵犯し資源探査、最高罰金470万円 ベトナム

2013年9月4日(水) 17時20分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム政府は、石油・天然ガスなど資源探査を目的として、同国の領海や接続水域、排他的経済水域(EEZ)、大陸棚を侵犯した外国人に対し、最高で10億ドン(約470万円)の罰金を科す新法を制定し、来年10月に施行する方針だ。

 新法による取り締まり権限は、各級人民委員会、公安当局、税関、国境守備隊、沿岸警備隊などの責任者に付与される。違法探査として摘発された場合、関連設備は没収される。トイチェー(電子版)などが伝えた。

 ベトナムは今年1月、南シナ海のスプラトリー諸島(ベトナム名・チュオンサ諸島)の周辺海域で台湾が天然ガス探査を行ったことに対し、開発を中断するよう警告していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報