RSS

ヤッピーのIT機器購入 過去1年で上海3・8個、バンコク2・6個、東京1・6個

2013年9月5日(木) 12時10分(タイ時間)
【タイ】マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングは7月、アジアの5都市に住む25―34歳の中高所得層「ヤッピー」を対象にIT(情報通信)機器に関する調査を行った。サンプル数は各都市200。

 それによると、過去1年以内に購入したIT機器(スマートフォン、タブレット、電子書籍用タブレット、パソコン)の平均個数は上海3・8個、ジャカルタ3・3個、ソウル2・7個、バンコク2・6個、東京1・6個だった。

 スマートフォンを購入する際には、ソウルと東京では安価な価格設定とデザイン性、ジャカルタ、バンコク、上海では新しさ、多機能性を求める傾向が強かった。

 タブレットを購入する際に最も重視した点は、バンコク、上海、ソウルで「多機能性」、ジャカルタで「革新性・新しさ」、東京では「価格」だった。2番目に重視した点は、ソウルで「ブランド」、バンコクで「形・デザイン」、上海で「革新性・新しさ」、東京は「軽さ」だった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】博報堂が2012年5―8月にアジアの14都市で実施した調査で、携帯電話またはスマートフォン(多機能携帯電話)の保有率はすべての都市で90%を上回った。調査対象は中上位収入層の15―54歳の...

フェイスブック圧勝、ツイッター苦戦 タイのソーシャルメディア利用状況newsclip

【タイ】タイ情報通信技術省傘下のタイ電子取引開発事務局(ETDA)が今年4、5月、インターネットを利用しているタイ人2万3907人を対象に実施した調査で、ソーシャルメディアを利用したことがある人の...

【タイ】タイ統計局が2012年にタイ国内の約8・4万世帯で行った情報通信技術(IT)に関する調査によると、タイのインターネット普及率(6歳以上)は26・5%(2008年18・2%)だった。

特集



新着PR情報