RSS

協和発酵キリン、シンガポールに臨床実用化研究施設

2013年9月9日(月) 22時09分(タイ時間)
【シンガポール】協和発酵キリンは9日、協和発酵キリンシンガポールの研究部門として、医療につながる基礎研究成果を臨床に実用化させる橋渡し研究を行う施設として、「シンガポールトランスレーショナル研究所」を開設すると発表した。

 施設はシンガポールのバイオ医学の集積地であるバイオポリスに設置される。

 研究はシンガポール国立大学(NUS)傘下のシンガポールがん科学研究所、NUSがん研究所、シンガポール国立大学付属病院(NUH)と共同で行う産学共同研究の形態となる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】スイスを拠点とする商社DKSHは8日、協和発酵キリンのタイ子会社にタイでバイオテクノロジー新薬の認可申請コンサルティング、製品登録サービスを提供すると発表した。DKSHは「タイでの新薬認可...

【タイ】協和発酵バイオは26日、タイに100%出資子会社「THAI KYOWA BIOTECHNOLOGIES」(資本金20億バーツ)を設立し、2015年後半からアミノ酸を生産すると発表した。総投資額約81億円。工場は東部...

特集



新着PR情報