RSS

国際航空の仙台―上海(経由)北京線を一時休止、日中関係の悪化による需要低迷で

2013年9月11日(水) 19時44分(タイ時間)
【中国】中国3大航空の一角を占める中国国際航空(753/HK)は11日、仙台~上海(経由)北京線を一時休止すると発表した。尖閣諸島を巡る日中関係の悪化を受けて、空運需要が低迷しているため。期間は13年10月27日~14年3月29日とする。

 仙台~大連(経由)北京線については、すでに昨年10月から運航を停止した。再開のめどは立っていない。今年7月の運航再開を予定していたものの、空運需要の回復が遅れている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】8日午後11時20分ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で、タイ国際航空の広州発バンコク行きTG679便エアバスA330―300型機が着陸した際に滑走路をオーバーランし、前のめりになっ...

【タイ】8月30日、バンコク発香港行きのタイ国際航空TG600便エアバスA380―800型機が香港国際空港に向け下降中、乱気流に巻き込まれて大きく揺れ、乗客20人と客室乗務員がけがをした。

初のバンコク―仙台定期便 タイ航空、12月からnewsclip

【タイ】タイ国際航空は12月3日から、バンコク―仙台直行便を運航する。週3往復で、仙台からバンコクまでの飛行時間は約6時間45分。使用機材はエアバスA330―300型機(ビジネスクラス36席、エコノ...



新着PR情報