RSS

富士ピー・エス、ミャンマーのインフラ整備事業参入検討

2013年9月12日(木) 23時42分(タイ時間)
【ミャンマー】富士ピー・エス(福岡市中央区)は9日、ミャンマーでの住宅開発、橋梁などインフラ建設への参入を目指し、現地企業と協業体制構築の可能性を検討することで合意したと発表した。

 プレストレスト・コンクリート(PC)技術などの指導、施工の協業体制構築などで、ミャンマー進出を目指す。

 ミャンマーでは政治・経済改革が進展中で、最大の都市ヤンゴンで18階建ての中層住宅48棟の建設が発注されるなど、数年後の完成を目指して建設プロジェクトが始動している。鉄道、高速道路などインフラ関連のプロジェクトも整備・建設が計画されている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】富士電機はミャンマー最大の都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設し、1日、業務を開始した。市場動向やインフラ投資計画などの情報収集、商社、メーカーなどの日系企業、工事業者、現地顧客との関係...

【ミャンマー】ANAホールディングスは27日、ミャンマーの民間航空会社エイジャン・ウイングス・エアウェイズ(AWA)の株式49%を約25億円で取得すると発表した。成長が見込めるミャンマーの航空業界...

タイのサイアム・セメント、ミャンマーにセメント工場 124億バーツ投資newsclip

【ミャンマー、タイ】タイ王室財産管理局が30%出資するタイ素材大手サイアム・セメント(SCC)はミャンマーのモーラミャインにセメント工場を建設する。同社がミャンマーにセメント工場を設けるのは初めて。

【ミャンマー】茨城県とミャンマー国際航空は茨城空港とヤンゴン国際空港の間で年内をめどに週3便のプログラムチャーター便の運航を開始することで基本合意し、19日、茨城県庁で橋本昌知事とミャンマー国際航...

特集



新着PR情報