RSS

中国:洗濯機の消費者評価、ハイアールの大型機種に人気集中

2013年9月14日(土) 13時28分(タイ時間)
【中国】比較的に多くの衣服が洗える大型洗濯機の人気が高まっている。

 消費者が最も関心を寄せている洗濯機10機種が判明した。メーカーはハイアールなど6社にまたがる。マーケットリサーチの互聯網消費調研センターが「2013年上半期・中国洗衣機市場研究報告」で明らかにした。

 容量別の売れ筋は、6キロの機種。アンケート調査対象の消費者全体の30.9%が支持した。これに7キロの16.9%が続く。住環境の改善、家事時間の短縮化などが大容量製品の需要を支えた。人気のあった10機種のうち、容量6キロ以上の製品が7機種も選ばれている。

 6キロ機種のなかでも、白物家電大手の海爾電器集団(ハイアール電器:1169/HK)が売り出したドラム式の評価が最も良好。最新の「S-Dplus結晶コア周波数技術」を導入し、騒音レベルを45デシベル以下に抑えた。

 ブランド別の評価でも、海爾電器集団は消費者全体の36.9%に支持されている。2位以下を倍以上引き離すなど、前回調査に続いて首位の座を独走していたという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【ベトナム】ノジマ(横浜市)は19日、ベトナムの家電量販店チャンアインデジタルワールドの株式10%を約3・5億円で取得すると発表した。マネジメント契約も結び、経営ノウハウを供与する。

【カンボジア】ノジマは16日、10月をめどに、カンボジアの首都プノンペンに電化製品、携帯電話の販売会社を設立し、店舗展開を進めると発表した。東南アジアの家電小売り市場進出の一環。

【中国】ヤマダ電機(9831/東証)は22日、江蘇省南京市の店舗を5月31日に閉鎖すると発表した。中国国内の家電市場環境の変化と、サプライチェーン構築が不十分だったことによる販売不振を閉鎖理由に挙げている。...

【中国】昨年下半期に続き、今年も家電量販店傘下のネット小売サイトを中心に安売り合戦が激化している。  家電量販最大手である蘇寧電器(002024/SZ)傘下の「蘇寧易購(www.suning.com)」は18日から、“青春風暴...

特集



新着PR情報