RSS

ラープラーオ運河からチャオプラヤ川へ バンコクで新放水路トンネル建設

2013年9月15日(日) 15時41分(タイ時間)
調印式の様子の画像
調印式の様子
写真提供、バンコク都庁
調印式の様子の画像
調印式の様子
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁はラープラーオ運河とチャオプラヤ川を結ぶ放水路トンネルを建設する。パホンヨーティン通り、ウィパワディランシット通り、ラチャダピセーク通り、ラープラーオ通りなどの洪水防止が狙い。

 トンネルはラープラーオ運河からバンスー運河の地下を通りチャオプラヤ川に至る全長6・4キロ、直径5メートルで、毎分60立方メートルの放出能力を持つポンプステーションを併設する。2016年9月完工の予定。

 建設はタイの建設会社ナワラット・パタナカンが24・4億バーツで受注し、12日、調印式が行われた。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】洪水にぜい弱な世界の大都市で、中国の広州市と深セン市がワースト10位内にランクインしていた。

【タイ】タイで本格的な雨期が到来し、22日から23日にかけ、タイ東部のジャンタブリ県、トラート県、南部のラノン県、東北部ナコンラチャシマ県などで大雨による洪水が発生した。

【タイ】24日夜、バンコク都内のプラカノン運河から、雨と満潮で水があふれ出し、スクムビット・ソイ50通りの一部が浸水した。水の深さは深い所で約40センチに達した。

【タイ】11日夕方から夜にかけ、バンコク都内で大雨が降り、ジャトゥジャク区のパホンヨーティン通り、ンガームウォンワン通り、ディンデン区のラチャダピセーク通りなど20カ所以上で洪水が発生した。水の深...

特集



新着PR情報