RSS

タイ国鉄、また脱線 バンコクで

2013年9月16日(月) 12時01分(タイ時間)
【タイ】13日午前11時20分ごろ、マレーシアのバタワース発バンコク行きの国際列車がバンコク都内のバンスー駅近くで脱線した。けが人はなかった。

 タイ国鉄は慢性赤字で設備の老朽化が進み、脱線が頻発。特に北部線では今年に入り10回以上、脱線事故が起きた。7月の事故では旅客列車が横転し、乗客の外国人18人、タイ人5人がけがをして病院に運ばれた。9月4日には、脱線が頻発する区間の改修工事中に、線路の上に置き忘れられた資材に貨物列車が衝突し、脱線した。

 他の区間でもトラブルが相次いでいる。バンコク都内のタラートプルー駅では9月7日、旅客列車が脱線し、車両の一部がプラットフォームの屋根に衝突、2人がけがをした。都内のフアラムポーン駅では9月4日、午前6時から8時半にかけ、駅内が停電し、列車9本に遅れが出た。

 タイ国鉄は北部線(バンコク都―北部チェンマイ市、総延長751キロ)の一部、シラアート駅(北部ウタラディット市)―チェンマイ駅間(総延長263キロ)を9月16日から10月31日まで運休し、線路の全面改修工事を行う計画だ。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクで列車脱線、駅の屋根に衝突newsclip

【タイ】7日午前10時半ごろ、バンコク都内のタラートプルー駅で、都内のウォンウィエンヤイ発マハーチャイ(中部サムットサコン県)行きの旅客列車が脱線、車両の一部がプラットフォームの屋根に衝突し、2人...

【タイ】タイ国鉄は北部線(バンコク都―北部チェンマイ市、総延長751キロ)の一部、シラアート駅(北部ウタラディット市)―チェンマイ駅間(総延長263キロ)を9月16日から10月31日まで運休し、線路...



新着PR情報