RSS

中国:ワハハ集団会長が襲撃される、無職男を逮捕

2013年9月19日(木) 01時23分(タイ時間)
【中国】飲料メーカー中国最大手(世界5位)の娃哈哈(ワハハ)集団の宗慶後・董事長(67歳)が杭州市上城区の自宅付近で暴漢に襲撃され負傷した事件で、浙江省の杭州市公安局は18日、関与したとみられる男を逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは江蘇省蘇州出身の楊容疑者(姓のみ公表、49歳)。事件のあった日の午後3時ごろ、上城区の借家にいるところを身柄拘束された。

 事件は今月13日未明に発生。宗董事長を刃物で切りつけ、そのまま逃走したとみられる。命に別状はなかったものの、宗董事長は左手の指2本にけがを負った。

 事件の動機について、仕事を世話してもらおうと直談判したところ、宗董事長に断られたため、逆上して犯行に及んだと供述している。楊容疑者は半年前に知人から3万人民元(約49万円)を借用したうえで、職を求めて杭州市に来たものの、年齢や職歴などがネックとなり仕事が一向に見つからなかった。そこで以前見たテレビ番組で宗董事長が「農民工」(地方からの出稼ぎ労働者)の支援に熱心に取り組んでいた場面を思い出し、自分もワハハで採用してもらおうと考えたと話したという。

 一方、ワハハ集団によると、宗董事長はすでに出社し、通常業務に復帰した。経営活動は正常に行われていると説明している。

 実業家の宗董事長は、「富豪」としても知名度が高い。米経済誌フォーブスの「2010年度・長者番付」では、中国首位にランクされた。全国人民代表大会の杭州市代表委員も務めている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国の貨物船がエジプトのスエズ運河を航行中、テロ集団とみられる武装勢力に襲われる事件が8月31日午後1時ごろ(現地時間)に起きていた。

【タイ】22日午前2時半ごろ、タイ東部パタヤ市のディスコで乱闘騒ぎが起き、タイ人男性3人(26、20、19)が刃物で切られ、手の指を切断されるなど重傷を負った。

【タイ】21日、カナダのリッチモンド市で行われたバドミントン・カナダオープンの男子ダブルス決勝で、試合中にタイのボーディン選手が対戦相手で同じくタイのマニーポン選手を追い回し、倒れたマニーポン選手...

特集



新着PR情報