RSS

中国:国有企業の1~8月利益総額は24.44兆円、前年同期比10%増に

2013年9月20日(金) 03時17分(タイ時間)
【中国】中国財政部は18日、国有企業の1~8月利益総額が前年同期比9.7%増の1兆5315億2000万人民元(約24兆4400億円)に上ったと発表した。

 内訳は中央企業(中央政府直属の国有企業)が16.6%増の1兆1164億3000万人民元、地方国有企業が5.3%減の4150億9000万人民元。業種別では電子、電力、石油化学、不動産施工業などの伸びが目立つ。一方、非鉄金属、化学工業、石炭、機械などは低迷した。

 全体の売上高は、11.0%増の29兆5858億6000万人民元に拡大した。内訳は中央企業が10.1%増の18兆2546億2000万人民元、地方国有企業が12.5%増の11兆3312億4000万人民元。

 半面、コストも上昇傾向にある。営業総費用は11.5%増の28兆5291億2000万人民元に膨らんだ。個別では販売費用で11.1%、管理費用で6.7%、財務費用で6.7%ずつ増加している。

 資産総額は8月末で13.6%増の87兆2918億6000万人民元。負債総額は14.6%増の56兆8815億2000万人民元に達した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】1日に発表された「中国企業500社ランキング」で、国有企業と国営持株会社が310社を占めたことが明らかにされた。全体の62.0%に相当する。

【中国】中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)と昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)に、汚職取り締まり強化の矛先が向かい始めた。腐敗防止への取り組みを強化している新指導部の姿勢が鮮明となっている。

【中国】UBSウェルス・マネジメントのアジア太平洋チーフ・インベストメント・オフィサーである浦永コウ氏はこのほど、中国人民銀行(中央銀行)が堅持する金融引き締め策が、今年下半期に中国企業の倒産ラッシュ...

特集



新着PR情報