RSS

JX日鉱日石、マレーシア・サラワク沖深海鉱区の権益取得

2013年9月20日(金) 03時19分(タイ時間)
【マレーシア】JX日鉱日石開発は19日、同社が全額出資するマレーシア法人、JXニッポン・オイル&ガス・エクスプロレーション(オフショア・マレーシア)がマレーシア・サラワク州沖深海2F鉱区の権益40%を取得し、オペレーターとして探鉱に取り組むと発表した。

 2F鉱区は水深100―1200メートル、面積約5500平方キロ。権益の残りはマレーシア国営石油会社ペトロナスが40%、仏GDFスエズが20%保有する。

 JX日鉱日石開発がマレーシアで権益を持つ鉱区はこれで6鉱区となった。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】三井石油開発は14日、ミャンマーの海上鉱区M―3の権益20%をタイ国営石油開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)から取得すると発表した。M―3鉱区はミ...

【タイ】三井石油開発は29日、タイの100%出資子会社がタイの陸上鉱区L20/50の全権益をオーストラリアの石油開発会社カーナボン・ペトロリアムとサン・リソーシズから取得すると発表した。

【ミャンマー】タイ国営石油探査開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)は3日、同社が100%の権益を持つミャンマー・マルタバン湾の探鉱鉱区「M—11鉱区」の権益40%...

特集



新着PR情報