RSS

マレーシアのタンチョン、ミャンマーで日産車生産 年産1万台規模

2013年9月22日(日) 17時11分(タイ時間)
【ミャンマー】マレーシアで日産車の組み立て・販売を行っているタンチョン・モーター・ホールディングスはミャンマーで日産車の現地生産に乗り出す。

 中部バゴーにミャンマー最大の自動車工場を建設し、2015年に乗用車「サニー」の生産を開始する。年産能力は1万台。投資額は当初の3年で5000万ドルを見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】日産自動車は6日、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の研究開発機能で、タイに拠点、インドネシアに支部がある日産テクニカルセンターサウスイーストアジア(NTCSEA)を拡充すると発表...

【マレーシア】富士重工業は20日、マレーシアのタンチョングループの工場で、小型SUV(スポーツ用多目的車)「スバルXV」の現地組み立て生産を開始したと発表した。年間5300台生産し、タンチョンの販...

【タイ】日産自動車は2日、バンコク郊外サムットプラカン県のタイ工場敷地内に110億バーツ(約3・6億ドル)を投じ新工場を建設し、2014年8月に稼働すると発表した。タイ国内の需要増に対応するほか、...

【タイ】日産自動車は5日、フルモデルチェンジした乗用車、新型「ラティオ」を同日から日本で販売すると発表した。アイドリングストップを採用した排気量1200ccのエンジンを搭載し、燃費は1リットル22...

特集



新着PR情報