RSS

外国人専門職、ビザ要件を厳格化 シンガポール

2013年9月23日(月) 13時15分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール政府は、外国人専門職を雇用する企業に対し、来年8月からシンガポール人の雇用意思があることの証明を求める方針を固めた。

 また、外国人専門職に対して発行される雇用ビザ(エンプロイメント・パス)の取得要件となる最低月額賃金が現在の3000シンガポールドルから3300シンガポールドルに引き上げられる。ストレーツ・タイムズ(電子版)が23日伝えた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ警察は16日、タイ東北部ムクダハン県の国境検査所で、タイの偽造ビザを使ってラオスから陸路入国しようとしたオランダ人の男を逮捕した。

【シンガポール】シンガポール人的資源省は18日、学歴を詐称して就労ビザを取得しようとしたとして、25人を起訴したと発表した。チャンネル・ニュース・アジア(電子版)が伝えた。

【東南アジア】日本の外務省は25日、東南アジア各国に対する査証(ビザ)の免除・緩和措置を7月1日から開始すると発表した。

特集



新着PR情報