RSS

石油積んだ貨車脱線、洪水で運休も タイ東北

2013年9月23日(月) 17時41分(タイ時間)
【タイ】23日午前8時ごろ、タイ東北部ナコンラチャシマ県で、石油を積んだタイ国鉄の貨物列車が脱線した。死者、けが人はなかった。

 設備の老朽化が原因とみられている。国鉄は復旧作業を進め、同日午後1時半過ぎに事故区間の運行を再開した。

 タイ国鉄はまた、洪水のため、東北部スリン県とシーサケート県の間の一部区間を22日から運休している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】16日午後1時45分ごろ、タイ国鉄のタイ南部スンガイコロク発バンコク行きの旅客列車がバンコクのフアラムポーン駅から約200メートルの地点で脱線した。けが人はなかった。

【タイ】13日午前11時20分ごろ、マレーシアのバタワース発バンコク行きの国際列車がバンコク都内のバンスー駅近くで脱線した。けが人はなかった。

バンコクで列車脱線、駅の屋根に衝突newsclip

【タイ】7日午前10時半ごろ、バンコク都内のタラートプルー駅で、都内のウォンウィエンヤイ発マハーチャイ(中部サムットサコン県)行きの旅客列車が脱線、車両の一部がプラットフォームの屋根に衝突し、2人...

【タイ】タイ国鉄は北部線(バンコク都―北部チェンマイ市、総延長751キロ)の一部、シラアート駅(北部ウタラディット市)―チェンマイ駅間(総延長263キロ)を9月16日から10月31日まで運休し、線路...

特集



新着PR情報