RSS

中国:官僚の海外不動産購入、ロサンゼルスが人気?=共産党メディア

2013年9月25日(水) 00時25分(タイ時間)
【中国】中国共産党傘下の環球時報はこのほど、中国の官僚による海外での不動産購入について、米ロサンゼルスの高級住宅の購入を好む傾向があると伝えた。

 ロサンゼルスの華人向けの不動産仲介業者によると、中国人が1000万米ドルほどの不動産を購入することは珍しいことではない状況。「どの客がビジネスマンでどの客が官僚なのかを判断するのは難しい」というが、官僚による購入は確実に存在するという。特に、官僚による購入の場合、華人が多い地域を好まず、白人の居住が多い海岸に近いエリアを選択する傾向が強いようだ。

 ここ数年、異なる名前で会社を設立したり、不動産を購入したりして、中国国内の資産を海外に移す動きが増えているが、共産党・政府による腐敗防止の監視が厳しくなるなか、米当局側も審査を強化する可能性があるという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国で不動産価格の上昇ピッチが速まっている。大都市圏を中心に、需給のひっ迫感が強まっているため。国家統計局が18日発表した住宅価格指数(調査対象70都市)は、前年同月比で8.3%上昇した。下落が温...

【中国】米国内の住宅を購入する中国人が急増している。

【中国】中国人は韓国の不動産市場で最大の買い手へと成長した。韓国での土地保有面積は570万1000平米に達し、欧米人の保有量をはるかに超えている。

特集



新着PR情報