RSS

中国:父親が狂犬病で死亡、野良犬に咬まれた息子の傷口を自ら吸引

2013年9月26日(木) 00時52分(タイ時間)
【中国】野良犬に足を咬まれて負傷した息子の傷口から毒を吸い取った父親が狂犬病に感染する――という痛ましい事故が起こった。

 江蘇省泗洪県の青陽鎮に暮らす江さん(姓のみ公表、41歳)は8月19日早朝、玄関清掃をしていた息子の悲鳴を聞いた。慌てて外に出ると、薄汚れた黄色毛の野良犬が息子の左大腿部に喰い付いていたという。野良犬を追い払った後、江さんはすぐに息子の傷口を熱湯で洗い流した。自分の口を使って毒を吸出しては吐き出すという行為を、息子のために7~8回繰り返したとされる。その後、息子を病院に連れて行き狂犬病ワクチンを受けさせた。その際、医者から江さんにもワクチン接種を勧められたが、代金がかさむためこれを拒絶。それから1カ月後、江さんは体調不良を訴えた。南京市内の病院に搬送され、狂犬病に感染していることが確認されている。すでに手の施しようのない状態だったという。江さんは1カ月と5日が経過した今月24日の明け方に死亡した。

 衛生部の調べによると、中国本土の狂犬病死者数はインドに次ぐ世界第2位。狂犬病による死者は毎年、2400人を超えている。都市部で飼われるペット犬の総数は、登記されたものだけで年率8.2%のハイペースで増加しつつある。

 一方、登録犬に対する狂犬病予防接種の接種率は80%前後にとどまっているという。国内で狂犬病が蔓延する背景には、こうした市民の狂犬病に対する問題意識の低さもあるようだ。

 狂犬病の潜伏期間は1~3カ月。発病後の死亡率はほぼ100%に達している。主な症状は、恐水症や恐風症など水や風に怯えるようになり、高熱、麻痺、全身痙攣などを引き起こす。最終的には呼吸困難などで死亡する。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】狂犬病による死者数が年間で2400人を超える実態が分かった。衛生部の報告によると、中国の狂犬病死者数はインドに次ぐ世界2位。都市部で飼われるペット犬の総数は、年率8.2%のハイペースで増加している...

【タイ】タイ保健省によると、2012年にタイ国内で確認された狂犬病患者は7人(2011年8人)で、全員が死亡した。患者が出たのはバンコク都、東部ラヨン県、チョンブリ県、西部カンジャナブリ県、南部ソ...

特集



新着PR情報