RSS

【PR】日立JP1 10周年記念セミナー「海賊版から会社を守れ!」

2013年9月26日(木) 14時10分(タイ時間)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日立JP1 10周年記念セミナー「海賊版から会社を守れ!」
統合システム運用管理の決定版! JP1の最新バージョンが満を持して登場!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Material Automation (Thailand) Co., Ltd. が、タイでJP1ビジネスを始めて
今年で10周年となりました。この機会に、日頃お世話になっている日系企業の
みなさまへ、感謝の気持ちを込めて10周年記念セミナーを開催致します。

さらに、日本でトップシェアを誇る、日立の統合システム運用管理ミドルウェア
JP1(Job Management Partner 1)の最新バージョンとなる、バージョン10も
合わせて発表致します。


★こんな理由で社内のIT資産をほったらかしにしていませんか?

『まだ規模も小さいし、問題ないよ』

『ITの管理はローカルスタッフにまかせておけばいいんじゃない』

『セキュリティーポリシーとか難しくてよくわからないし』


会社の規模の大小は問題でありません。
タイではどこでも簡単に違法ソフトウェア(海賊版)が手に入ってしまいます。
違法ソフトウェアの使用は、コンプライアンスの問題だけでなく、
様々な危険を社内に持ち込んできます。

タイを含めた東南アジアでの海賊版ソフトの現状や動向から、
今すぐに実現できる効果的な対策まで、みなさまに役立つ内容が
盛りだくさんです。

どうぞこの機会をお見逃しなく、当セミナーへご参加下さいます様お願い
致しますと共にご案内申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
◆主な講演&ご紹介予定内容◆ *講演は全て日本語で行います

1)基調講演 「海賊版の恐怖と対策」
 ~東南アジアにおける情報セキュリティ管理のポイント~

  講師:日立製作所 ITプラットフォーム事業本部 エバンジェリスト 高橋 亨氏

海賊版ソフトウェアの危険性とその対策についてご紹介。
グローバル企業がもつ課題とそれに対する解決方法を具体的にご案内します。


2)IT資産管理の強い味方、日立JP1の最新バージョンをまるごと紹介!
  「JP1バージョン10 徹底解説」

  講師:日立アジア ICT Solutions Business,Business Development Manager 牧野吉洋氏


3)買っただけじゃもったいない! JP1を使いこなそう!
  「JP1有効活用のご案内」

  講師:MAT Solutions Manager 太田博明


4)今、避けては通れない、クラウドコンピューティングを熱く語る!
  「クラウドの状況と日立の取り組み」

  講師:日立製作所 ITサービス事業部クラウド本部 担当本部長 高橋 明男氏


【日時】 10月10日(木) 13:30~17:00(受付開始13:00)
【場所】  Grande Centre Point Hotel Terminal 21 / C Floor“Grand Ballroom Asok 2”
     (BTSアソーク駅直結&MRTスクンビット駅傍)
【対象】 全業種/経営、IT、管理など各部門責任者の方
【費用】 無料(原則として1社につき2名様までのご参加とさせて頂きます。)
【定員】 50名(事前申込み制)
     定員に達し次第、締切とさせて頂きます。

主 催 Material Automation (Thailand) Co., Ltd.
後 援 日立アジア、日立製作所
協 賛

------------------------------------------------------------------------------------------------
セミナーに関するお申込み&お問合せ先
Material Automation (Thailand) Co., Ltd.
29F, CTI Tower 191/11-12 Ratchadapisek Rd, Klongtoey Bangkok 10110
TEL: 02-261-5100 FAX:02-261-5109
窓口:太田(オオタ):info-jp@mat.co.th まで
お申込みの際には、会社名、ご住所、お名前(複数ご参加の場合は全員)、役職、
ご連絡先をご明記の上、上記宛FAX、またはE-Mailの何れかでご連絡下さい

------------------------------------------------------------------------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
《newsclip》


新着PR情報