RSS

日本とタイ、2014年から特許審査ハイウェイ開始

2013年9月27日(金) 01時32分(タイ時間)
【タイ】日本とタイは2014年1月から、特許審査ハイウェイ(PPH)(ある国で特許権を取得することが可能と判断された出願について、出願人の申請により、別の国で簡易な手続きで早期審査を申請することができる制度)を開始する。

 9月24日、日本の特許庁とタイ商務省知的財産局がPPHの試行に合意した。日本の企業はPPHを利用することで、タイで早期に特許権を取得することが可能になる。

 2012年の日本からタイへの特許出願件数は1437件に上ったが、タイは特許審査官の不足など審査体制が不十分で、審査の遅延が課題となっていた。

 日本がPPHを締結したのはこれで27カ国・地域になった。東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポール、フィリピン、インドネシアに続く4カ国目。
《newsclip》


新着PR情報