RSS

「ユニクロ上海店」オープンへ、世界最大のグローバル旗艦店

2013年9月28日(土) 15時07分(タイ時間)
【中国】ファーストリテイリング(9983/東証)は9月30日に、世界最大のグローバル旗艦店「ユニクロ上海店」を上海にオープンさせる。

 店舗内には傘下「GU(ジーユー)」の海外初店舗「ジーユー ユニクロ上海店」を含むグループ傘下4ブランドが共同出店する。事業規模の拡大とブランドの充実を並行して行うことで、中国市場の基盤を一段と固める狙いとみられる。中国経済網が26日付で伝えた。

 中国はユニクロにとって最大の海外市場となっている。「ユニクロ」の中国1号店は上海に2002年オープン。今年5月時点で中国に展開する店舗は48都市の254店に達し、海外進出先で最多となった。2020年には日本と同等規模となる1000店舗体制とし、中国本土での売上高を110億米ドルとする目標を掲げている。

 同社の今年2月期中間期業績は、日本事業が減益に陥った。こうしたなか、日本市場への依存度を減らすために、事業の重心を海外市場開拓に置くことを目指しているとされる。

 上海を世界最大のグローバル旗艦店の設立地に選んだ理由について、ファーストリテイリングの中国現地法人幹部である迅銷(中国)商貿公司の瀋寧最高経営責任者(CEO)は、「中国市場の持続的な発展ポテンシャルに期待している」と語った。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報