RSS

タイ航空、新規導入2機の安全祈願

2013年9月29日(日) 22時33分(タイ時間)
タイ航空、新規導入2機の安全祈願の画像
タイ航空、新規導入2機の安全祈願
【タイ】タイ国際航空は26日、バンコク郊外のスワンナプーム空港にタイ仏教の高僧を招き、新規導入した旅客機2機の安全祈願の儀式を行った。

 1機はエアバスA330―300型機(座席数299)で、パース、大阪、香港、台北、ムンバイなどの路線に、もう1機はボーイング777―300ER型機(座席数348)で、ロサンジェルス、オスロ、コペンハーゲン、ストックホルム、ソウル、上海などの路線に使用する予定。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空が滑走路をオーバーランした自社機のロゴを黒く塗りつぶし、程度の低い隠ぺい工作として、批判を浴びた。

【タイ】8月30日、バンコク発香港行きのタイ国際航空TG600便エアバスA380―800型機が香港国際空港に向け下降中、乱気流に巻き込まれて大きく揺れ、乗客20人と客室乗務員がけがをした。

【タイ】タイ国際航空は4―6月期の営業赤字が前年同期の15・4億バーツから29億バーツに、最終赤字が同14・7億バーツから84・4億バーツに拡大した。



新着PR情報