RSS

パナソニック、シンガポールにパワーデバイス用封止材開発拠点

2013年10月2日(水) 02時21分(タイ時間)
【シンガポール】パナソニックは1日、シンガポール法人パナソニックデバイスマテリアルシンガポールにパワーデバイス用封止材の基礎技術・商品開発と技術サービスを行う「電子材料・南アジアR&Dセンター」を開設したと発表した。

 需要拡大が見込まれるパワーデバイス分野で、顧客の多くが東南アジアで組み立て工程を拡大し、シンガポールやマレーシアの主要拠点で封止材料の購買機能や研究開発機能を設置するケースが増えていることから、シンガポールに開発拠点を設け、顧客対応を強化する。具体的にはパワーモジュールやパワーディスクリート半導体、パワーIC用封止材を中心に、シンガポールで東南アジアにおける現地密着型の商品開発機能と技術サービスを拡充し、増販を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】パナソニックがマレーシアのケダ州クリムハイテクパーク工業団地に建設した太陽電池工場が8月30日、本格稼働した。

【ベトナム】パナソニックは10日、アジア6カ国・地域でLED(発光ダイオード)住宅照明器具の販売に乗り出すと発表した。

【マレーシア】パナソニック エコシステムズは29日、環境エンジニアリング、水・薬液リサイクルなどを手がける子会社「パナソニック エコソリューションズ マレーシア」(資本金385万リンギ=約1億円)を4...

特集



新着PR情報