RSS

中国のモバイルバンキング顧客、主要9行で合計3.4億件に拡大

2013年10月3日(木) 13時52分(タイ時間)
【中国】携帯電話のインターネット閲覧機能を利用した銀行取引サービスのモバイルバンキングについて、中国国内主要9銀行の顧客数が今年6月末時点で3億4000万件を超えたことが分かった。

 各行の6月中間期業績報告に基づいて統計したもの。うち6行の1~6月モバイルバンキング取引額は、前年通年の水準をすでに超えている。中国新聞網が1日付で伝えた。

 6行は中国農業銀行(1288/HK)、招商銀行(3968/HK)、中国民生銀行(1988/HK)、興業銀行(601166/SH)、中信銀行(CITICバンク:998/HK)、中国建設銀行(939/HK)。工商銀と建設銀のモバイルバンキング顧客は、そろって1億件の大台を上回っている。また、個人向けモバイルバンキング業務の銀行別取引額は、1~6月の累計で上海浦東発展銀行が前年同期の10倍、工商銀行が11.6倍に膨らんだ。

 ある専門家は、「モバイル金融業務には無限ともいえる発展ポテンシャルがある」と指摘。「従来型金融業にもたらすインパクトは、ネット通販サイト最大手『淘宝網』が従来小売業に及ぼした影響を上回る可能性がある」との見方を述べた。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報