RSS

タイ・ミャンマー国境地帯の教師育成 日本政府が182万バーツ無償援助

2013年10月3日(木) 15時36分(タイ時間)
タイ・ミャンマー国境地帯の教師育成 日本政府が182万バーツ無償援助の画像
タイ・ミャンマー国境地帯の教師育成 日本政府が182万バーツ無償援助
写真提供、在タイ日本大使館
【タイ、ミャンマー】日本政府はタイ・ミャンマー国境地帯の貧困遠隔村で教える教師を育成する施設の開設に182万バーツを無償資金援助する。

 施設を開設・運営する非政府組織(NGO)「弱者のための能力開発プロジェクトグループ」のナンドエ代表と佐藤重和駐タイ大使が2日、在タイ日本大使館で署名式を行った。

 タイ・ミャンマー国境地帯の貧困遠隔村では教師が不足し、授業の質にも問題がある。新たに開設する施設では育成対象者に基礎教育や英語、コンピュータなどの教育スキルを身につけさせる。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ北部の病院に四駆救急車贈与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部ウタラディット県バーンコーク郡のバーンコーク病院に四輪駆動式救急車1台と医療機器を無償供与することを決め、30日、在チェンマイ日本総領事館で、藤井昭彦総領事とバーンコーク...

日本政府、タイ北部のゴミ処理センター計画に293万バーツ無償供与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部カムペンペット県ノーンマイコーン区のゴミ処理センター設置計画に総額293万バーツの無償資金援助を行うことを決め、27日、在タイ日本大使館で佐藤重和大使とトンチャイ・ノーン...

バンコク東部外環状道路かさ上げ工事着工 日本が資金拠出newsclip

【タイ】2011年の洪水で被害を受けたバンコク東部外環状道路(国道9号線)の改修工事の着工式が21日、タイのチャチャート運輸相、佐藤重和駐タイ大使らが出席し、バンコクで行われた。

特集



新着PR情報